トップ «前の日記(2003-07-31) 最新 次の日記(2003-08-02)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2003-08-01

_ 忘れる

読み返すと、典型的なおばかをしてるな。

1.InvalidCastExceptionで死ぬ+放置でタイムアウト

2.パケットを調査(Content-Lengthが変+パケット出てない)

3.Content-Length変=パケット生成中にInvalidCastExceptionで飛んでるんだろう(な、わけないじゃん。例外上がってるのに)→シリアライゼーションのどっかで引っ掛かってるんだろう→Flags属性付きenumはっけーん

4.intに変更

5.InvalidCastException止まる(しかし、偶然の産物なので、4で修正できたわけではない)→忘れる

6.放置調査→RSTはっけーん

7.RST受信後のリクエスト対策調査→プロクシを継承してConnection:Closeにする

8.InvalidCastExceptionさいげーん

9.パケット調査(レスポンスがSoapResponseじゃないことはっけーん)

3.がそそっかしい。あの時点で9.で再発見しているパケットを見ているんだから、InvalidCastException自体とenumは無関係と判断すべきだ。

しかし、なんなんだろう? 同一バイナリなのに今はちゃんと動く。ただスタックトレースには見たこともないクラス名があるから、名前(Microsoft.Xml.Serialization.GeneratedAssembly.XmlSerializationWriter1)から想像するとSoapProxyが実行時にデシリアライゼーションクラスを自動生成していると推測できる。であれば、同様にシリアライゼーションクラスも自動生成(ソースじゃなくてアセンブリの)されるんじゃなかろうか。で、その自動生成の過程に得も言われぬ問題が隠されているとか。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え