トップ «前の日記(2005-09-23) 最新 次の日記(2005-09-25)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2005-09-24

_ 21世紀のMTV

id:toshiyukisasakiさんと初台へ。

兵ドモがもうすぐ夢の跡地となるICCであらかじめ時間の記録を見ておこうと。

受話器が天井からブランブラン。取ると親父がモゴモゴ。バロウズからだ。

ドヒヘン、ドヒドヒと鳴るバイオリン、眼鏡のツルの打楽器、奇妙なクローンとか。で、2階へ。

大きな科学にうんざりさせられた口で、そのころはやっぱりニューヨークはジェームズチャンスとかでしょうとか思ってたけど、やっぱ違うわ。

右と左にぎったんばったんとか、プッシュフォンで物語、暗い小部屋でホログラム効果(魔法の杖を振る)、オウムがお喋り、そうそう昔、マルチメディアってのはCDの中に入っていてクリックしては次の世界へ入っていったもんだね、手がバタン。クリックすると手がバタン、クリックすると手がバタン、どうにもしょうがなくてエスケープとか。

机に肘ついて手で耳を押さえる。音を遮断しているポーズだが、実は音を傾聴。

部屋は広くて、音は明瞭、光と影がくっきり、暗い部屋はひたすら暗く、そしてほとんど訪れる人は無し、これはもったいないくらい贅沢な時だ。

小さなホログラムが騙りかける。語りかも知れないけど。鏡が汚れていて、それに彼女は気付いていない。鏡が汚れてますが? え、そうですか? こちらに来て見てみてください。まあ本当だわ。私に見えるものが彼女には見えない。そして私が訪れることは2度とない。

ジュークボックスは2に固定。

ゴッホみたい。というわけで私はゴッホみたいと書く。すばらしい個展だったまるでゴッホみたい。ある日編集長が私を呼び出す。ゴッホみたいはやmてくれ。詩人について書いた。まるでゴッホじゃないみたい。

氷上のバイオリン(まだ髪が長い)。レコードのついたバイオリン。ドヒヘン、ヘン、ドヒのバイオリン(これはiBookのほうかも)。壁画を本人が描いたのか? 本人が壁画を描いたのか? ドラムスーツ。相変わらず暗くて誰もいない部屋の正面のでっかなスクリーンでドラムスーツを着た頭の毛をツンツンにした小柄な158cmしかないと壁のどっかに書いてあったが、ポーズを取るとドン、ガン、ピシャーン、カンカン。

で、トイレの前のベンチで寝る。とにかく寝る。夢を見る。海岸で寝ていたら自殺と間違えられて警官が呼ばれた。夢を見た。

枕に耳をあてると音が聴こえる。

で、トルネードだ。トルネード。上下と左右に音のトルネード。そこだけ上からスポットライト。オルレアンの少女はきっとトルネードから流れる声を聴いたに違いないと僕は確信する。

言葉が滝になって波紋を描く。日本語が落ちると英語の波紋。時々順序が違うのがあるが、意図した仕様ですか?

それぞれの音と夢。これまた広く、暗く、そして誰もいない。というわけで私はジミーカーターに会ったわけだが。と左下。その上はファンキー。左右対称つまりA-2では古臭い音楽。

で、最後の部屋では、テレビに腕。テレビに腕といえばプレノンカルメンのトムウェイツの腕に合わせて、何をかっこつけてるのよあほんだらの記憶がほとんどだが、確かにこの腕も記憶の片隅にあるな、ァァァァァ。ハロー、オー、スーパーマン。いい曲だ。ビジュアルが付いていれば。次にブラックな3人組のバックコーラス、キッドクレオールとかリジメルシアデクルとかZeとかと同時代ですな、と来て、でも、花を持った影が壁に残るとことか(言葉はウイルス。思い出したが途中で911って数字が入るけど相当に象徴的)。そして、シャーキズデイ。ああ、ああ、びっくりだ。こんなに新鮮、なんて斬新。T字型の独楽の上に未来都市。乗り物が世界を駆け回る。倒れこむと黄色に抜いた人影が踊り出す。iPodの広告ってセンスないね、と20年前の新しさに比べれば。

で、この3曲がぐるぐる。今でも耳に残ってる。ミスターハートブレークのリフレインとか。

全部見て、体験して、約2時間30分。

Mister Heartbreak(Laurie Anderson)

(っていうか、ビジュアルがついてなきゃ欲しくないが)

それにしても、曲だけを取ればトマスドルビーと同じようにやはり退屈だ。というか、音楽家じゃないのにレコードしかメディアが無かったというのが問題だったのだな、僕にとっては。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え