トップ «前の日記(2007-07-26) 最新 次の日記(2007-07-28)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2007-07-27

_ 油断

~をspamフィルターに入れ忘れてたので、ユーザーディレクトリ付きURLを書き込むtb spamに侵蝕されてた。がしがし削除の刑。

_ シャープでクリアなバイロイト(らしい)

カイルベルトの録音でど肝を抜かれたきれいな録音だけど、こんだ、フルトヴェングラーの合唱付きのとんでもない録音が見つかったらしい(オペラ好きな先輩が買って聞いたらぶったまげたとこないだ言ってた)。

ベートーヴェン : 交響曲第9番ニ短調op.125 「合唱」(ベートーヴェン/フルトヴェングラー(ウィルヘルム)/バイロイト祝祭劇場管弦楽団/シュワルツコップ(エリザベート)/ヘンゲン(エリザベート)/エーデルマン(オットー)/ホップ(ハンス)/バイロイト祝祭合唱団)

これがいつもの定番。だいたい、これを擦り切れるまで聞くから、音が悪いというのは問題ではならなくなるというか、録音が良いとか悪いとかと演奏は関係ないということが学べる仕組みになっている。が、そうは言っても細部は聴けないわけで、録音が良ければ良いに越したこたないのもまた事実。

きよほーへんがあるのは今では誰でも知っている困ったおやじだったかも知れないが、フルトヴェングラーが指揮者というものの1つの類型となるほど、何かただものではないのは聴けばわかる。で、シュワルツコップがまたすばらしいわけだ。

ところが、こないだ、その録音のバックアップが見つかったというところから、今までのあれはなんだったんだという話になったらしい。

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻](フルトヴェングラー(ウィルヘルム)/バイロイト祝祭管弦楽団/ヘンゲン/ホップ/シュヴァルツコップ/エーデルマン)

(リマスターした会社のノイズ除去の技術だみたいなことを書いてる人もいるからそういうことなのかな? わかんないからどうでもいいや)

というわけで買う。

ちなみに、先輩によれば、フルトヴェングラーが指揮台に上る足音つきだそうだが、まあ、それはどうでもいんだけど。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|

ジェズイットを見習え