トップ «前の日記(2008-03-02) 最新 次の日記(2008-03-04)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2008-03-03

_ 牡牛座

こないだ見損なったソクロフの牡牛座を観た。

右半身不随となったレーニン(というか、本当にロシアの役者の層の厚さというのは不思議きわまりない。どうして、こうもレーニンみたいなレーニンとかクルプスカヤ(違うかも知れないが面倒なので調べない)みたいなクルプスカヤだのスターリン以外の何者でもないスターリンとかが出てくるんだろう)が、うだうだしたり、怒ったり、ご機嫌になって草むらを這ったり立ったり倒れたり、車に乗ったり、カメラの前でポーズを取ったり、杖をついたりする。最後、ユダヤ人とは話が合いそうだなとか言いながら、明日のジョーの最後のように静かになる。

スターリン(ヨシュアではなくカインだとかいう言葉を思い出したり)が、白いぱりっとした服を着て、洒脱に登場。

ああ、なんでこいつに権力を与えてしまったのか、なんとなく理解した。20年代のスターリンは文句なくかっこよかったのだ。

はげちょろげたブハーリンとか、くしゃおじさんみたいで眼鏡のユダヤ人とか、間抜けっぽい髪型(イレイザーヘッドみたい)のジノヴィエフやカーメネフや、学者っぽいラデックとかと違って、スターリンはかっこ良かったのだ。ばかだなぁ。

「杖を書記局からプレゼントだ。偉大なる師に偉大なる弟子から、と銘を打ちたかったが、一人反対するやつがいてできなかった」

「ユダヤ人だな?」

というわけで、このころはまだ全会一致原則が貫かれていたようだが、すでに孤立していたことを匂わせる。

だが、師だの弟子だのばかげているのだから、本来は全員が反対すべきだったのだ。というわけで、モスクワの空気というか風向きを匂わせながらスターリンと会話が始まる。

最後、会見が終わる。と、スターリンはテラスへの戸口ではなく、逆にバルコニーの端へ進む。「そっちじゃないぞ」というレーニンを無視し、美しい庭を眺める。「ここは美しい」 とまるで、すでに手に入れたかのようだ。

大木の問い。

「大木が崩れるのを待つか、どかすか?」

「もう一つの方法がある。切り刻むのだ」

レーニンの顔は曇っただろうか。(このスターリンの第3の選択は、未来のトロツキーに対する態度表明というよりも、僕には、現在のレーニンに対しての恫喝に聞こえた。が、批評をみるとそうは取られてはいないようだ)

比較的最初。レーニンの部屋の扉を細く開けてのぞきこむ医師。眼鏡、山羊ひげ、ユダヤっぽい、まるでそこに直接は名指しされない反対者の幻影かもと思った。

周りは敵だらけだ、と言いながらベッドの脇に寝そべる妹。

まるで雌牛のように愚鈍そうで、テンポがのろいクルプスカヤ。頼まれていたロシア刑罰史と、マルクスの最期を調べたノートを聴かせようとする。

マルクスの最期を読もうとして、処刑された男についてのメモを読む。ぎょっとするレーニン。間違えたといってマルクスの最期をもう一度さがす。娘が戸口にいたエンゲルスと(ラマルクかな、忘れたけどもう一人)が入ってくるとすでにマルクスは死んでいた。

「エンゲルスは準備していたようだ」

シャンデリア。

食事。スープ。

シャンデリアに火が灯る。火が灯っていることについて怒る。

車で狩りへ出発するシーン。2階のベランダではしゃぎまわり、クルプスカヤの指示を無視するメイド。

「労働者の……」と車中で語るレーニンに対して冷笑的な運転手。

ざらざらの風景。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|

ジェズイットを見習え