トップ «前の日記(2009-08-27) 最新 次の日記(2009-08-29)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2009-08-28

_ rotatelogs

Tomcatのcatalina.outをSystem.setOutで変えられるじゃんと考えてみて試してみたものの、どうもおかしい。よくよく考えてみればSystemクラスローダがロードしたSystem.outを変えられるわけではないので、あえなく撃沈。

で、しょうがないのでrotatelogsを使うことにする。

で、--helpしてみると、rotatelogs [-l] logname-(strftime strings) (interval [utf diff]| sizeM) となっているので、サイズが100Mとかになったら切り替えられるといいかなぁと、そっちを設定してみた。

| /usr/apache2/bin/rotatelogs -l foobar-%Y-%m-%d 1M

で、1Mで切り替えられるか試す。で、やたらとSystem.outに書きまくるJSPを作って試して、ふと気付くと単に foobar-2009-08-27 というどでかいファイルができている。(しかも-lが効いていないけど、これはバージョンがからむのかな)

なぜだろうといろいろ設定している例とかグーグルさんに訊いてみても、無いし。

期待したのは、1Mを越えたあたりでfoobar-2009-08-27.001とか002とかが作られることだったのだが。

で、いろいろためしていて、何気なくfoobar-%Y-%m-%d-%H-%M-%S とかやったら、ああ、そういうことかと納得したようなだまされたような。

結局、rotatelogsは、与えたファイル名のテンプレートが変化可能かつ与えた条件を満たすときにローテートする。

そのため、24時間相当の秒数を指定しても、最初の作成時点から24時間後ではなく、日付が変わった(%dが変化可能)ときにローテートする、と同じようにファイルサイズについても処理しているのだった。

秒をファイル名に持たれても扱いやすいとは思えないので、%Y-%m-%dまでのファイル名を使って24時間切り替え運用することに決定。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え