トップ «前の日記(2010-10-24) 最新 次の日記(2010-10-26)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2010-10-25

_ ケネスローチ

今日、映画観にいったらケネスローチの映画の予告編やっててすごく観たくなる。

若い頃、ダンスパーティでトップになって、そこで彼女もつかんで結婚したけど、今では冴えない中年男。おくさんは愛想つかして家出ていって、息子には舐められまくり。

部屋に貼った等身大のサッカーせんしゅのポスターを眺めていると、そいつが出て来てアドバイスをくれる。かくして人生やり直しと行くかというと、息子がギャングと関わっていてさあどうなる……みたいな感じだ。

題材がうまいなぁ。

オゾンの映画の予告もそれなりに面白そうだった。いつの間にか、家族映画を撮るようになっていたのか、それとも予告をそう見せているだけで、相変わらず非家族映画なのかはわからないが。

シェリ (岩波文庫)(コレット/Colette/工藤 庸子)

本編のほうは、予想より遥かにうまい映画で驚いた。幻滅の瞬間(汽車の切符を手配しているのを扉越しに見ているシーン)や、悔悟の瞬間(母親と話した後に四阿の扉に幻影を視るところ)を見事に映画として表現している。心理小説の映画化としては理想的な出来だと思う。(オリヴィエラやシャブロルなんかの、そう来るか!といった意外性はないけれど、退屈で冗長になりがちなタイプの映画にも関わらず、全く弛緩しないのも驚きだ)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え