トップ «前の日記(2013-03-26) 最新 次の日記(2013-03-30)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2013-03-28

_ 見よ、恐ろしい炎を

イルトロヴァトーレが好きで、ホセクーラとホヴォロフストスキーのやつを良く見るのだが、それにしても、ひどい話だ。

ヴェルディ:歌劇《イル・トロヴァトーレ》英国ロイヤル・オペラ2002 [DVD]

特に3幕の最後、ルーナ伯爵に誘拐された母親を救出に行こうと、マンリーコが「見よ、恐ろしい炎を」を高らかに歌い上げ、反乱軍が一斉に立ち上がる実にかっこいいシーンで幕が下りる。

そして4幕が開くと、薄暗い場所でなぜかレオノーラと反乱軍の将校(まあ山賊みたいなものだから、マンリーコが関羽なら周倉というところ)がうろうろしている。ん? と見ていると周倉が歌い始める。ここは地下牢、俺たちは囚われの身となったマンリーコを助けるためにここに来たのだ。それ、説明じゃんというか、あのさっきの勇ましい「見よ、恐ろしい炎を」は一体なんだったのか?

1幕もそうで、ルーナ伯爵とマンリーコがえらくかっこいいチャンバラしながら歌いまくるのだが、次の幕ではマンリーコは瀕死の重傷で死にかけている。勇ましく幕を引いては幕間にボロカスにのされてしまうのだった。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え