トップ «前の日記(2006-09-06) 最新 次の日記(2006-09-08)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-09-07

_ Jude

ちょっと仕事でUMLを書きたくなったので、いまさら竹でもないだろうと、Jude Commnunication Editionをダウンロードして使ってみたら、以前から使いやすかったのだが、おそろしいほど機能が充実していてびっくりした(かと言って処理がとろくなったってことは全然ない)。

僕の使い方だと、ユースケース図と、クラス図、シーケンス図が書ければいちおうそれで良いのだが、配置図や、コンポーネント図もかっちり書けるので作ってみた。作図可能な範囲が増えたこともそうだが、シーケンス図のCreateの振る舞いとか、クラス図の操作や属性の記述が使いやすい。

#難点を言うと、実際には.NET用のUMLを書いていたので、属性(というか公開プロパティの記述に利用: 実装詳細のprivateフィールドまでクラス図に書く気はまったく起きないし)にリードオンリーとかライトオンリーとかも付けられるといいな(追記:ステレオタイプでいいような気がしてきた)。

左のペインから右のエディターへのドラッグアンドドロップの操作感も良かった。

_ 新人への課題

っていうか9月になって新人も変だが。

会社のえらく使いにくいWeb電話帳のかわりに、普段はタスクバーの右端にいて、ダブルクリックすると検索窓を表示してそこに入れた名前でリクエスト投げてレスポンスからデータ抽出してポップアップ表示するC#のアプリケーションを作れ(WebReqeust、WebResponse、Encoding、RegExとかそのあたり。あとHTMLのForm解析するとか)

意外と正規表現に引っかかっているので、IDEのサポートが無いというのはこういうことかと思ったり(C#ベースの部分はわりとさくさく作るのだが、正規表現に書き間違いがあったりとかいろいろ)

_ 思わず「まあね」と言いたくなるエントリー

どうでもいいもん

スーパーソニック・ジェット・ボーイ(真島昌利/三宅伸治/甲本ヒロト/THE HIGH-LOWS)

だから、別にしーぷらぷら言っててもいいもん(でも、おれは言わないし、特別な事情がなければListと宣言するわけだし)。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ かくたに (2006-09-07 05:55)

JUDEのご利用、ありがとうございます :-)

_ 桑島 (2006-09-07 13:31)

そういえばJUDEってなんて読むんですか?<br>ユダ?ジュード?

_ arton (2006-09-07 16:01)

なんだろう?<br>ジュ〜ドと呼んでるけど。

_ arton (2006-09-07 16:33)

やっぱりヘイジュードなのかなぁ?

_ かくたに (2006-09-07 18:42)

Java and UML Developer's Environmentのacronymです。作者は「ジュード」と発音しております。

_ 桑島 (2006-09-11 11:20)

おお今度から自信を持ってジュードと発音します。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え