トップ «前の日記(2011-04-19) 最新 次の日記(2011-04-24)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2011-04-22

_ Ruby(win32)で子プロセスに^Cを送る方法

spawnした子プロセスを殺したい。

後先考えなければ次のようにすれば良い。

pid = spawn('command')
Process.kill :KILL, pid

だが、コンソール待ちをしているとかいろいろ理由があって、SIGKILLではなく、SIGINTを送りたい。

Process.kill :INT, pid

だが、これはまったく効かない。おかしいなと思って、win32\win32.cを眺めると、

case SIGINT: RUBY_CRITICAL({ if (!GenerateConsoleCtrlEvent(CTRL_C_EVENT, (DWORD)pid)) {

となっている。

とか書いているうちにバグを見つけてしまった。

るりまには、「0の場合はカレントプロセス……」とあるし

MSDNには、「パラメータに0を指定すると、……」とある。

しかし、win32/win32.cでは

    if (pid <= 0) {
	errno = EINVAL;
	return -1;
    }

と、0を認めない。これ、単なるバグなのか恐るべき意図(Windows95ではどうとかを回避とか)があるのかどっちなんだろう。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

ジェズイットを見習え